検査で原因がわからない|腰椎椎間板ヘルニアは治療で打開できる時代が到来
婦人

腰椎椎間板ヘルニアは治療で打開できる時代が到来

検査で原因がわからない

女性

現代人がかかりやすい

自律神経失調症は病気の名前ではありません。自律神経という自分ではコントロールできない体の働きを担当している部分に不調をきたす症状のことを指します。たとえば、悲しい時に涙が出たり、暑い時に汗をかいたり、ホルモンの分泌や免疫なども自律神経の働きです。あまりにも多くの働きを持っているため、症状がどこに出るか人によって様々です。自律神経失調症になる原因は不規則な生活やストレスが原因とされています。現代人の仕事では夜間に働く場合もありますし、大人だけでなく子供のうちから夜更かしをしたりします。また仕事や人間関係のストレスもため込みやすいので、自律神経失調症にかかる人が増えています。女性は出産や更年期などのホルモンバランスが乱れる時期があるため、よりかかりやすくなります。

他の病気の場合も

自律神経失調症の症状は疲れやすい、めまい、頭痛、吐き気、呼吸しづらいなど、人によって様々で、症状の重さも違います。検査してもはっきり分からない場合、自律神経失調症と診断されてしまい、実は違う病気だったということもあります。症状に関して疑問がある場合は医師に相談し、セカンドオピニオンを求めることも有効です。治療方法は病院では主に対処療法が中心です。薬や漢方薬などで症状を和らげます。その他に指圧や整体、カウンセリング、音楽療法などもあります。病院では規則正しい生活について指導を受けることが多いです。適度な運動や1日3回の食事、十分な睡眠など毎日の生活が基本です。また。ストレスの発散など自分で緩和できる方法を見つけることも重要です。