医者

腰椎椎間板ヘルニアは治療で打開できる時代が到来

検査で原因がわからない

女性

自律神経失調症は自律神経に不調をきたす症状です。原因は不規則な生活や過度なストレスだと言われています。自律神経の働きが多岐にわたるため、症状や程度は人によって違います。他の病気が隠れている場合もあるので疑問は医師に確認します。治療方法は薬や漢方薬、整体やカウンセリングなどがあります。

詳細へ

ヘルニアの治し方

カウンセリング

腰椎椎間板ヘルニアは症状の度合いによって様々な治療方法があります。基本的には早急に手術しなければならない事態とはならないものですが、運動麻痺などの症状が出るようになれば手術を行う必要があります。神経を圧迫しているヘルニア塊を除去することになりますが、傷んだ椎間板を修復するわけではないので注意が必要です。手術を行わずに腰椎椎間板ヘルニアを治療する方法としては3つ挙げられます。まず鎮痛消炎剤などの内服液を服用する方法です。ヘルニアによる炎症が治れば痛みが無くなることがあります。他に神経の炎症を抑える神経ブロックや、リハビリ室で行う理学療法などがあります。体幹強化を行うことで症状を和らげる方法もあります。

腰椎椎間板ヘルニアを治療するために人気の高い方法は、まず体に負担をかけない理学療法です。特に椎間板周辺の筋肉を鍛えることで神経の圧迫を和らげる方法は、時間はかかりますが体への余計な負担をかけないので人気があります。鎮痛炎症剤の服用は、上手く服用量をコントロールしなければ胃に負担をかけることになります。神経ブロックの場合は注射を打つことになりますが、その際には痛みを伴うのが難点となります。その上、確実に効果が期待できるわけではないので、手術の前の最終治療と言えます。このように様々な腰椎椎間板ヘルニアの治療方法がありますが、順番としてはまず理学療法から始めて、最終的に改善が見られない場合には手術という流れになります。

命を長らえる治療

看護師

透析とは血液透析療法のことで腎機能が著しく低下した時の行う措置です。治療は高額ですが世田谷区には自己負担を少なくする特定疾病療養制度があります。透析患者は生活上の制限があり、体重の管理や運動を行う事が大切です。

詳細へ

早期発見で内視鏡治療

医者

十二指腸とは、胃から来た食べ物を消化し、次の小腸に送る役割を果たしている消化管です。この十二指腸にがんができると十二指腸がんとなりますが、初期にはほとんど症状がありません。早期に発見できれば内視鏡を用いた体への負担が少ない治療を行うことができます。

詳細へ